くるきた

札幌中古車くるきた-コラム-

一覧に戻る

中古車購入に必要なものは?どこまで自分でやればいい?part1

中古車購入はモノ自体の購入というよりも「所有権」の移動、つまり「契約」になります。

そのためただの購入と違い、書類などを準備する必要があります。

 

日本ではこの手続きが複雑なので販売店が代行してくれますが、実際にはどのような書類が必要なのでしょうか。

知っておいて損はありませんし、「あ、できそう」と思えば代行のお金を浮かせることができます。

今回は中古車販売において必要な書類と、その手続き方法についてお話しします。
・代行できないものは「実印」と「印鑑証明書」 全て販売店に任せる場合でも、実印と印鑑証明書は自分で用意する必要があります。

契約前に住んでいる市区町村役場であらかじめ実印登録をし、その印鑑が実印だという証明書を発行してもらう必要があります。

 

これは購入時に発行から3か月以内のものが必要なので、準備するのは購入が決まってからで構いません。

忙しくて取りに行く時間が限られているという場合は購入日を決めてその1~2か月前の空いた時間に取に行けばいいでしょう。

 

もし中古車購入に当たって保有している車を下取りの出す場合は下取りにも印鑑証明が必要になる場合があるので、ついでに2枚用意しておくと無駄がありません。 続く