くるきた

札幌中古車くるきた-コラム-

一覧に戻る

車の個人売買は危険!節約しようとして逆に大損!?~買い手リスク~

前回は個人売買の「売り手」が被る可能性のあるリスクに関してお話ししました。 今回はその逆、「買い手」が持つリスクについてお話しします。

・事故車・盗難車を買わされる・・・(買い手リスク) 個人間のやり取りですので、悪意ある売り手に運悪く当たってしまう可能性は排除できません。 傷を隠す、不足品を隠すといったものならただちに実害には至らないので、まだマシでしょう。

しかし、事故車・盗難車であることを隠すといった重大な隠ぺいであれば、多大なリスクを負うことになります。 売り手が知っていて売った場合は、売買契約を無条件でキャンセルすることはできます。しかし売り手が何も知らず、契約書に「暇疵担保責任を負わない」という旨の記載があると買い手はどうすることもできません。 キャンセルできるとしても事故が起きたり、盗難車だと判明して警察に弁明する羽目になってしまうと余計な身体的・精神的ダメージを受けてしまいます。
個人で売買すれば確かに仲介料は取られません。しかし、仲介料の代わりに自分の「時間」を奪われるリスクを負っているのです。 取引相手を探す「時間」、名義変更を要求する「時間」、警察に説明する「時間」など・・・ あなたにとって、仲介料と「時間」、どちらが大事でしょうか? 業者が行うのはあなたの貴重な「時間」を節約することです。時間は業者に使わせて、ご自身にとって実のあることに「時間」をお使いください。